クラウド型電子カルテはデータがクラウド上にあるため、インターネットさえあれば、いつでもどこでも使うことができます。

私どもの電子カルテもクラウド型で運用しております。
完全クラウド型電子カルテMedibase

以下のようなシーンでクラウド型電子カルテは優位になります。


internet_marketing_strategies / FindYourSearch

往診・在宅医療に使える

医師が患家を訪問する往診や在宅診療の場合であっても、患家でカルテを見る・カルテを書く・処方箋を発行するなど、電子カルテを使うことが出来ます。

ちなみに、院内サーバー型の場合は、患家に紙カルテを持って行き患家で記録、医院に戻って紙カルテから電子カルテに転記する必要があります。

患者からの緊急電話に対応できる

患者から緊急電話や問い合わせの電話がある場合があります。医院に戻らずともカルテを確認することができますので、休診日であっても学会に出ている日であっても対応することができます。