クリニックを開業する際、紙カルテを使うのか、電子カルテを導入するのか、検討されなければなりません。

電子カルテを導入するメリットは様々ありますが、中でも大きなメリットをまとめてみます。

カルテ記載などの診療効率のアップ

Do機能、セット機能、テンプレート機能やスタンプ機能など、楽にカルテを記載する機能を使えば、診療効率がアップします。
また、頭書きやカルテに書いた内容の転記など情報の再利用ができるため、紹介状などの文書を簡単に作成できます。

検査結果のグラフ表示

血液検査の結果をグラフ表示させることができますので、患者さんに分かりやすく説明することができます。

請求漏れを削減することができる

電子カルテの定期自動オーダー機能や、レセコンの算定チェック機能を使うことで請求漏れを削減することができます。

事務作業の効率アップ

以下のような事務作業の効率アップが望めます。事務作業の効率がアップしますので、規模にもよりますが、雇用する事務員も少なくて済みます。

  • 新患さんが来院されたら、お名前や生年月日を入力するだけでカルテを作成できます。
  • 再診の患者さんが来院されたら、診察券番号やお名前で検索するだけでカルテを表示させることができます。
  • カルテ庫からカルテを探す必要はありませんので、患者さんを待たせません。受付が済めば、1クリックでカルテを見ることが出来ます。

患者さんの待ち時間短縮

事務効率・診療効率が上がるため、患者さんの待ち時間が軽減されます。


クラウド型か院内サーバー型か

電子カルテには、院内サーバー型とクラウド型がありますが、私どもの電子カルテはクラウド型で提供しております。

完全クラウド型電子カルテMedibase

クラウド型のメリットも以下の記事にまとめておりますのでこちらもご覧ください。

電子カルテはクラウド型を選択すべき4つの理由