完全クラウド型電子カルテMedibaseは、外来クリニックでも在宅クリニックでもご利用いただけます。

在宅クリニックには、患家や外出先で使えるクラウド型の電子カルテが特に有用です。

在宅医療にクラウド型電子カルテMedibaseをお使いいただくにあたって、特に有用な特徴と機能をご紹介します。

患家や外出先で使える

在宅医療は患家での診察になりますので、患家でカルテを書きます。移動中の車内で書くこともあります。

院内サーバー型電子カルテの場合は、患家で紙カルテを記入、医院に戻って電子カルテに転記しなければなりません。

しかし、クラウド型電子カルテの場合は、患家や移動中の車内でカルテを記載することができます。カルテを転記する必要がないので転記ミスの恐れがありません。

患家でカルテを書き、移動中の車内で処方箋や紹介状などの書類を作成するという使い方ができます。

患者情報が漏洩しないので安全

パソコン内には患者情報が保存されないので、万が一、院外に持ち出したパソコンが盗難に遭ったり紛失したりしても、個人情報が漏洩することはありません。

院外でも安心してお使いいただけます。

訪問スケジュール管理

訪問スケジュールを管理することができます。

在宅医療に対応した電子カルテiko.laでは、スケジュール管理のデファクトであるGoogleカレンダーのような画面イメージでお使いいただけます。

google_calendar

 

また、今月のスケジュールを翌月にコピーする機能もありますので、継続的なスケジュール管理をしていただけます。

訪問ルート調整

患家を地図上にプロット表示し、訪問時刻順に訪問ルート表示をすることができます。

訪問ルートを確認しながら、訪問順(訪問時刻)を変更することごできますので、効率の良い訪問順を決定することができます。

google_map

文書作成

在宅医療では紹介状や指示書などの文書を作成する機会が非常に多いです。

在宅医療に対応した電子カルテMedibaseでは、文書を作成する際、頭書き情報やサマリ情報などが自動入力されますし、過去に入力した単語から簡単に選択入力することもできます。

情報の再利用ができるため、文書を短時間に作成することができます。

カルテ記載が楽

自動でオーダーすることができる定期処方オーダー機能や自動診療行為オーダー機能、1クリックでオーダーすることができるDo機能やスタンプ機能を搭載していますので、効率良くカルテを書くことができます。

完全クラウド型電子カルテMedibase
https://mediabse.jp