訪問診療をするにあたって、重要なのが訪問スケジュール管理です。

 

完全クラウド型電子カルテMedibase(メディベース)では、カレンダーを使った訪問スケジュールの管理と、地図を使った訪問ルート・時間の調整をすることができます。

 

診察自体を効率化することはできないですが、訪問スケジュールを上手く管理して訪問自体を効率化することができます

 

カレンダーを使った訪問スケジュールの管理

訪問スケジュールカレンダーは、日・週・月を切り替えて確認することができます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-07-14-57-45

 

もちろん、A先生だけ、とか、B先生とC事務さんだけ、のように絞り込んで確認することもできます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-07-14-56-42

 

患者さんの様態急変などによる訪問日時の変更がありますが、ドラッグ&ドロップで簡単に変更することができます。

また、当月の訪問スケジュールをそのまま翌月にコピーすることもできますので、毎月の訪問スケジュール管理が簡単になります。

 

地図を使った訪問ルート・時間の調整

1日の訪問診療件数が6件と9件では、月100万円以上の医業収入が変わってきます。

訪問診療を行うにあたって、どれだけ効率良く訪問するかが重要になってきます。

訪問順と地図上の訪問ルートを確認しながら、移動距離を最短にするように訪問スケジュールを調整してください。

 

効率の悪い訪問ルートが、

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-07-16-00-10

 

以下のように、改善することができます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-07-16-01-06

 

診察自体は効率化できませんが、効率良く訪問することやスケジュールを管理すること、カルテを書くことや訪問診療に必要な書類を作成することなどを効率化することで、1日当たりの訪問件数を増やすことができます。