電子カルテMedibase(メディベース)は、クラウド型の電子カルテです。

しかも、連携するレセコン「日医標準レセプトソフトORCA」もクラウドサービスで提供しています。

つまり、電子カルテもレセコンもクラウド、”完全”なクラウド型電子カルテシステムと言えます。

 

なぜ弊社は完全なクラウドに拘っているのか、なぜ医療機関様に完全クラウド型電子カルテを選択してもらいたいのかをまとめてみます。理由は4つあると考えます。

 

”完全”クラウド型電子カルテMedibaseを選択する4つの理由

  • 安心・安全であること
  • 使う場所を選ばず使える
  • パソコンの買い替えコストを削減できる
  • 常に最新である

 

安心・安全であること

一般的なクラウド型電子カルテでは、クラウドの電子カルテと院内のORCAをルーターという機械を経由して連携します。つまり、以下の様なリスクを抱えています。

  • ルーター故障による業務停止の可能性
  • 院内に会計データ、レセプトデータが存在するというリスク

 

そこで弊社では、レセコンORCAも電子カルテと同じクラウド上で動作させ、診療録だけでなく会計情報やレセプト情報も、セキュアなクラウド上に保存しています。

 

また、弊社サービスをご利用いただくにあたって、VPN(Virtual Private Nework)というネットワーク接続を使います。
VPNを使うことで、お客様のパソコンとクラウドをセキュアに接続することができ、且つ、VPNを使わない外部のネットワークからは完全にシャットアウトすることができているので安心です。

 

先日、「検査依頼・検査結果データの受け取りをオンラインでできる」機能をリリースしました。

検査依頼・検査結果データの受け取りをオンラインでできるようになりました

 

記事内にもありますが、これまで医療機関と検査会社間の検査依頼ファイル・検査結果ファイルの受け渡しを、USBメモリを使って行われておりました。

 

これって実は非常にリスキーで、何かの媒体にファイルをコピーするということは、その媒体を紛失した場合に、データが漏洩してしまうという可能性があります

 

しかし弊社では電子カルテサービス内で、依頼ファイル・結果ファイルの受け渡しができるようになっており、より安心してお使いいただくことができます

 

使う場所を選ばず使える

訪問診療の場合、医師が訪問先にパソコンを持って行って、訪問先でカルテを書いたり、次の訪問先に向かいながら助手席でカルテの続きを書くという使い方もできます。

 

また、学会などで外出している時に、急遽、診療情報提供書を作成しないといけない、となった場合もその場で作成することができます。

 

医師だけでなく、事務員も場所を選ばず事務作業ができます。

在宅医療では患者様が医院に来られるわけではないので、事務員は常に医院に居る必要がありません。事務員が自宅でクラウドORCAを使って会計やレセプトをすることができます。

 

パソコンの買い替えコストを削減できる

レセコン一体型電子カルテや、院内型ORCAと連携するクラウド型電子カルテの場合、契約時にパソコンを購入する必要があります。

 

それらのパソコンは5年リースであり、5年後にはリプレースという名目で、一式を買い換える必要があります。

 

”完全”クラウド型電子カルテの場合、一応、推奨スペックはあるものの、MacでもWindowsでもお使いいただけますし、必要な時に必要な分だけ買い足したり、買い換えていただけます。

 

例えば開業時、診察用は少しハイスペックなパソコン、事務用には少し安価なパソコンを購入します。
数年後、診察用パソコンだけをよりハイスペックなパソコンに買い換えて、元々使っていたパソコンを事務用にスライドする、といった使い方をすると、パソコンの買い替えコストを削減することができます

 

パソコン内にデータが入っていないため、パソコンの引っ越し作業もも簡単に行えるというのもメリットの1つです。

 

常に最新である

院内型電子カルテの場合、システムのバージョンアップやマスタの更新は、メーカーから送られてくるCDやDVDを使って、ユーザー自身がシステムのバージョンアップ操作を行います。

 

しかし、クラウド型電子カルテの場合は、自動的にシステムがバージョンアップし、マスタも更新されていく、つまり、作業コストがかからないというメリットがあります。

 

また、弊社の場合はORCAもクラウドサービスで提供しておりますので、ORCAのシステムバージョンアップ、マスタ更新も、自動的に行われますので、バージョンアップやマスタの更新は、お客様の方で一切する必要がありません

 

まとめ

今回、ORCAもクラウドで提供しているという”完全”クラウド型電子カルテのメリットについて紹介しました。

まず、安心・安全であるということは大前提です。

 

パソコンの買い替えコストに関しては、5年毎にリプレースの料金を支払う方が安くなるのか、パソコンを継ぎ足しで購入していく方が安くなるのか、契約前に確認される必要があります。

 

また、バージョンアップ等にかかる人的コストも考えないといけません。クラウド型でない電子カルテで、例えば、急遽、診療情報提供書を作成するために、わざわざ医院に戻って作成しなければならない、というのも人的コストになります。

こういったコストは、電子カルテの利用料には見えないコストになりますので、利用料だけではなくシステムを導入することによる人的コストもしっかり把握する必要があります。