他社電子カルテからの乗り換え案件が増えています

弊社の問い合わせフォームから、他社電子カルテからの乗り換えのご相談が増えています。

他社の電子カルテ」は”オンプレ版”電子カルテで、以下のような特徴があります。

  • クリニック内に電子カルテサーバーがある。
  • 5年で500万〜800万円ぐらいで、リースを組む。

”オンプレ型”電子カルテは、電子カルテの利用料+サーバーやパソコンのハード代+保守費用を、5年間のリースを組んで電子カルテを導入されており、そのリースが切れる前に、弊社のような”クラウド型”の電子カルテの導入をご検討され、そのまま乗り換えられるケースが増えています。

なぜ今”クラウド型”電子カルテなのか

”クラウド型”電子カルテは、以下のような特徴があります。

・サーバーが、国内のセキュアデータセンター内にある。
・サーバーの保守作業、システムのバージョンアップ作業、バックアップ作業は弊社が担うため、クリニックの職員の手間が不要。
・リース不要で、月額の利用料だけで電子カルテを使うことができる。

クラウド型電子カルテは、電子カルテの利用料だけで使え、安価にシステムが導入できます。また、5年などの長期リースを組む費用がないので、健全なクリニック経営が見込めます。
また、”オンプレ型”ではクリニック自身で行わなければならない、サーバーの保守、システムのバージョンアップ、データのバックアップ作業などは、”クラウド型”の場合は一切不要です。こういうクリニックの作業時間を作業費用として換算すると、”クラウド型”がいかに安価に導入できるのか分かります。

電子カルテを乗り換えるには

まずは、問い合わせフォームより、お問合わせください。

今お使いの電子カルテのベンダー様と、弊社担当でお打合せさせていただき、シームレスな電子カルテの移行をお手伝いさせていただきます。